ノルウェイの森

a0056722_22513642.jpg
a0056722_22513627.jpg

映画『ノルウェイの森』を観て来ました。火曜日はカード会員は¥1300なんです。(TOHO)
私は村上春樹の本をほぼ読んでいます。俗に言う「ハルキスト」。笑
22~23歳の時に出会いそれ以来読んでいます。
一度読んでいたのですが、映画化を知りまた読みたくなり文庫本を。(単行本は友達に寄付)
読んだ年齢が違うせいもあって二度目はまた違う感覚。
そして映画はもっと違った感覚でした。 映画なのですごく短くなっていましたし、少しだけ違う部分もあったのですが、キャスティングは私の中では観る前からほぼバッチリ。納得。
でも菊池凛子さんの演技・・・すごいけど、声が・・・話し方が・・・
本のイメージと違っていました。  松山ケンイチさんは素晴らしかった。
あの話し方。そのまま。 これでファンが増えるのでは?と勝手に分析。笑

水原希子ちゃん。よかった。 どんな人がいいの?みたいな質問の(セリフ)
「私が苺のショートケーキを食べたいと言ったら何もかも放り出して急いでハァハァ言いながら買って帰ってきてくれるの。でも私はそんなのいらない。・・・・・・・・・・・・(中略)彼が”ごめんね。僕が悪かった。”・・・・・・・・・・そしたら愛をあげるの。」
の、セリフ。大好きです。

映画だとすごく人間くささというか、温かみを感じられ観てよかった。
呼吸一つ一つがリアルに感じられ、人間の「生と死」をテーマに。生きるとは。。。
本よりも作者の言わんとすることが理解できたような気がしました。

個人的には本を読んでから観ていただきたい作品。
[PR]
by 1002aya1181 | 2011-01-18 22:51 | ★LIFE